大人になってからの矯正は子供のときより痛い??

大人になってからの矯正は子供のときより痛い??:レッツ!スマイル!きれいな歯を作る正しい歯の磨き方

大人になってからの矯正は子供のときより痛い??

大人になってから歯の矯正を始める人が増えています。

歯の噛みあわせが悪かったり、親知らずが上手く生えてこなかったために歯並びが悪くなってしまったり。


現代人はあまり固いものを食べなくなったため、
あごが細くなり、歯が生えてくる十分なスペースがない人もいます。


大人になってからの歯の矯正をする場合、
子供のときより痛い?とか、
子供のときより時間がかかる?とか、
よく聞かれますが、
個人差があるので人にもよりますし、
歯の生え方や症状は人それぞれなので一概には言えません。


ですが、子供のときより大人になってからの方が痛いかというと、
そうはいえないと思います。


なぜかというと、仮に貴方が小学生のときに歯の矯正をしていて、
大人になってから再度歯の矯正をしたとしても、
正確にどっちが痛いかなんてわからないはずです。


ただ、大人になってから歯の矯正をはじめ、
痛くて仕事に集中できなかったり、
疲れやすくなったり、身体がだるくなったりしても、
子供の時と違い、会社を休んだり出来なかったり、
ゆっくり寝る時間が取れなかったりするから余計に
痛く感じてしまうのだと思います。


大人になってからの歯列矯正のメリットは
自己管理が出来るということ。


自分の意思で、歯並びを良くするということは、
子供のとき、親や歯医者さんに言われて嫌々歯の矯正を始めるのと違い、
お金もかかるため、大抵の人はちゃんと治そうとします。


歯の矯正の痛みはずっと続くわけではありません。
ブラケットをつけた直後やワイヤーを付け直した後はしばらく痛いですが、
数日たてば、歯も動き始め、痛みも和らぎます。


大人になってからの歯の矯正をする痛みは、
大人だからしっかり治そうと思わせる痛みだと思うといいと思います。


« 歯 歯列矯正中の肩こり | トップページ | 歯 歯列矯正中に歯が浮く »