医療費 控除 歯 矯正

医療費 控除 歯 矯正:レッツ!スマイル!きれいな歯を作る正しい歯の磨き方

医療費 控除 歯 矯正

歯の矯正は大体50万円から100万超える高額治療となるため、医療費の控除が適用されます。

医療控除は年に10万円以上医療費を払った場合適用されます。


歯の矯正治療でかかった費用は、基本的に医療費の控除が受けられます。

矯正治療の先生から診断書を作成してもらいレシート(領収書)を必ずとっておきましょう。
確定申告書の際に必要となります。

サラリーマン、派遣社員、アルバイト、パート等で働いている人も、
確定申告をすればお金(税金が還付される)が戻ってきたり、
市、区民税や国民健康の支払額が少し安くなったりする場合もあります。
詳しくは税務署や市、区役所に問い合わせてください。

また下記の費用も控除の対象となります。

・ 医師、歯科医師による診療または治療費
・ 治療、療養に必要な医薬品の購入費
・ 入院や通院時の電車、バス代
・ 入院時に必要な食事代

(お子さんが小さいためお母さんが付き添わなければ通院できないような時は、
お母さんの交通費も通院費に含まれますが車の場合はガソリン代等は対象にはなりません。)

家族、配偶者が歯の矯正をしたりする場合
生計(家計)が一緒であれば配偶者や親族の分もまとめて控除対象となります。
(親族の範囲は6親等内の血族、3親等内の姻族)。
所得の多い(税率が高い)人が全員の分を負担することで、
医療費控除額は変わらなくても、還付額は大きくなります。

歯の矯正以外でかかった医療費も、医療控除の対象となるので、
風邪を引いて内科にかかったり、皮膚科にかかったりしても、
領収書は大切にとっておきましょう!!

また歯の治療費を歯科ローンにより支払う場合も適用されるので、
歯科ローンの契約書の写しを用意しましょう。
(注)歯科ローンの金利及び手数料相当分は医療費控除の対象になりません!


« 歯 歯列矯正中に歯が浮く | トップページ | G・U・M 電動歯ブラシ(乾電池式)ホワイト TS-40UW »